About

フレンチヴィンテージは、現代の技術では表現し得ない生地や作り込み、アートピースとも呼べる独創性を持ち、当時のものは非常に希少で同じものを入手するのは困難である。 デッドストックのみを扱うヴィンテージアイウェア専門店のSPEAKEASYオーナー山村とFréquence.オーナー柳原の2人は、これまでに膨大な数のフレンチヴィンテージを取り扱ってきた。 また、独創的で世界最高品質を誇っていた1940年代から50年代のフレンチヴィンテージを取りまとめた書籍「FrameFrance」を共著で出版するなど、フレンチヴィンテージに精通している数少ない専門家でもある。

guépardはモダナイズする箇所がサイズくらいしかないフレンチヴィンテージの高いデザイン性や本質を理解し、敬意を払い表現したコレクション。 フレームデザインや、タグ、油紙、特注のフラットレンズの設計は当時のフレンチヴィンテージのバックグラウンドを知らないと表現出来ない要素である。

デザインコンセプト
禁酒法時代、人々を高揚させるのに欠かせなかったスタンダードジャズ。 後にアドリブ演奏の素材として継承されてきたその音楽のように、フレンチビンテージの高いデザイン性を継承しながらも、繊細かつ現代の空気感と合うようにアレンジし、フレンチビンテージの新たな解釈を提案する。

ブランドネームの由来
1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。 ロゴデザインはチーターが片目でじっと盗み見ている様子を表している。 また、フレンチヴィンテージを流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両店舗のオーナー山村と柳原が、現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけをチートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。